スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支払い方法の変更という罠


カード会社の仕組み
カード会社の仕組み 2

の続きです。
(長くなりそうなので、カテゴリ:カード会社の仕組み作りました。)

前回のパターン①:カードの枠があるけど、延滞しちゃった人対応部署
の記事は終わりと言っていたのですが、ちょっと補足です。

そうそう、初期延滞は会社によりけりですが、
自動音声で終わるところもあるみたいですね。

これは給料日都合で遅れる人にとってはうれしいですねシステムですね^^




……話がそれました、すみません。
パターン①でマニュアル化されたトーク以外もあります。

延滞1ヶ月、2ヶ月の段階で、

「もう毎月この金額を払うのは無理!」

と申し出される方には

「支払い方法の変更」の提案をします。



そう、これが地獄のはじまり、
『リボ払い』です……。


すでにリボ払いにされている方は、
毎月額の低いコースの提示をされます。


「あぁ、これで今後は遅れなく返済できる」


と皆さん最初は思いますが、



これは地獄の始まりです……。

いや、きちんと管理できる人なら大丈夫だと思いますが、
ほとんどの人は、地獄の入り口に入るのではないでしょうか……。
(実際、過去の私は地獄行きでした。)

そして、カード会社は利益が入ってうれしいな~という流れですね。
地獄っぷりは過去記事、リボ払い=返済地獄のはじまりを参照くださいませ。


地獄入りした人のほとんどは、
悲しいかな、次の督促段階、パターン②へ進むことになるのです。



という補足でした。 続きます。
(いつものこととはいえ、すみません!!)



★★ランキングに参加しています。★★

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
↑めんどくさいかもですが、ポチは更新のはげみになりますにゃ~

明日につづく
↑こちらのネコにもついでにポチっていただけるとうれしいです!!



ご訪問ありがとうございます!!

色んなことが調子のいいときに、ガーーとまとめて記事にしています。

皆様もご体調にはお気をつけくださいませ……。
といっても、悪いときは悪いですよね。

私も人一倍気をつけているのに、なぜーーー??(TT)

こんなブログですが、
読んでいただいてありがとうございました!!

今後ともよろしくお願いいたします。













コメントの投稿

非公開コメント

No title

ななこーんさん、こんばんは
まさに、罠!ですね。
第二段階へ行かれる方が多いということは、トータル的に損・・・はしないようになってるのかな?
リボ払い・・・ほんま天使で悪魔でした。

No title

はじめまして、綾香と言います。
『リボ払い=返済地獄の始まり』大いに共感いたします。
まさしく地獄の入口ですよね。
リボにすれば払えると、どんどん支払いを後回しにした結果が、今の借金生活なんですよ、私。
クレジットカードは便利です、でも使い方を間違うと、とんでもなく凶悪ですね。

ララさん

コメントありがとうございます!!
取引の長さによりますが、リボ払いにしてそのあと枠いっぱい使って、返済できなくなって、、、という人は遅延損害金もあるし、損してるはずですー。( ;´Д`)
リボはマジ、天使で悪魔です!!(´・_・`)

綾香さん

はじめまして!コメントありがとうございます!!
おおー、綾香さんもお仲間でしたか!(´・_・`)
ってきっと借金ブログを見る人はほとんど経験者やろーなーって思います。
後回しにしちゃうのも、すっごくわかります。
後回し癖が後々余計家計を苦しめていくんですよねー
(/ _ ; )
おっしゃる通り、使い方と使う人によってカードは天使にも悪魔にもなりますね、ほんと。
私はもう使いません笑
プロフィール

ななこーん

Author:ななこーん
アラサー・×1女
カードローンの借金もちのくせに
仕事はカード会社で延滞顧客に督促の電話をしていました。
(現在、退職しています。)
ろくでもない人間がなんとか更生できたので忘れないよう綴っていきます。

ご質問やお悩みなどあればどうぞ^^

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ポチっとお願いします
ランキング参加してます
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。